認知症 保険|認知症に備えて保険に入るべき?認知症は生命保険の高度障害に該当する!?等保険に関するまとめ

糖尿病とともに日本において患者数が急増している認知症。
厚生労働省のデータによると、65歳以上の高齢者で認知症を患っている人は2012年で462万人、高齢者の7人に1人が認知症患者でしたが、2025年には約700万人に増えると推測されています。

 

発症年齢が若年化していることを考えても、すでにこの問題は他人事ではありませんよね。
自分が、また身近な家族が、いつ認知症の症状を起こし始めても全然不思議ではないんです。

 

女性

 

そして、家族が認知症になったときにはじめて、認知症を抱えての生活にはどのようなことが必要になるのか、どんな支援を受けることができるのか・・・といったことを知ることになるのですが、これらすべてに常について回るのが「お金の問題」です

 

そう、家族が(自分を含めて)認知症になった場合にこれまでと同じようにスムーズに生活していくためには、何をするにもお金がかかってしまうのです(>_<)

 

 

だから、認知症になる前の今のうちから備えておきたい!

 

今回は認知症に備えての保険のお話です。

 

認知症に備える保険ってあるの?

まず、認知症に対応した保険があるのか?ですが、これだけ認知症が多くなり問題視されるようになってきた世の中です。
もちろん、認知症に対応した保険もあります。

 

どういった保険があるのかご紹介しますと、現在主なものとしては次の3つが挙げられます。

 

  • 太陽生命「ひまわり認知症治療保険」・・・一時金タイプ
  • 朝日生命「あんしん介護 認知症保険」・・・一時金・年金の両方あり
  • メットライフ生命「終身認知症診断一時金特約」・・・一時金タイプ

 

こうした商品はどんどん新しいものが出てくるので、もっと調べるといろいろあると思われますが、名前の知られた有名どころではこんな感じですね(#^.^#)

 

 

女性

これらは一般的には、「引受基準緩和型」といって、持病など健康上の理由で保険に加入できなかった人でも加入しやすくなっているタイプの保険で、標準型の保険と比べるとちょっと割高になっています。
(とはいえ、「認知症が心配」という方が多いのでかなりの需要があるみたいですよ)

 

また、メットライフ生命のように健康な人向け(標準体)の終身医療保険に特約という形で付加させるタイプもありますね。

 

 

但し、こうした保険でさえ、すべての認知症に対応しているわけではありません
保障の対象となる認知症は、アルツハイマー型、レビー小体型、脳血管性などの器質性認知症というのが一般的。
朝日生命は、そこからさらに、「日常生活自立度基準のランクV以上と判定された場合」という条件がプラスされます。

 

また給付の条件についても、「要介護1以上」や「見当識障害があると診断確定された場合」などの条件が付いてくる場合が多いみたい。

 

適用されると思って安心していたのに適用されない!・・・なんていう事態に陥らないよう、予め確認しておく必要がありますね(^^;)

 

意外と知られていない!?認知症が生命保険の高度障害に該当する場合も・・・

しかし、こうした認知症保険だけでなく、一般の生命保険に加入している人の場合、認知症の程度によっては「高度(重度)障害」に該当し保険金が支払われるケースもあります。

 

 

私も「生命保険は死亡の場合にのみ支払われるもの」と思っていましたが、実はそうではないみたい。

 

女性

 

命は助かったものの、重度の障害を負ってしまったために収入が絶たれる原因となることから経済的な困窮状態に陥ってしまう、また高度障害にかかる治療費なども必要となるため日常生活に大きな支障をきたしてしまう・・・というケースも当然あり得ますよね。

 

こうした問題に対処するために「高度障害」の認定が設けられているようなのです。

 

【保険金の受取対象となる高度障害状態】

  • 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  • 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  • 中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  • 両上肢とも手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 両下肢とも足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

 

各保険会社によって細かい基準が定められているものの、基本的には上記の内容(公益財団法人生命保険文化センターが公開している高度障害保険金の受取対象となる高度障害状態)で判断されるとのこと。

女性

 

認知症の中にこうした生命保険の高度障害に該当するケースがあって保険金が支払われる場合がある・・・ということは、意外と知らない人が多いそうですので、ちょっと覚えておいてくださいね!

 

高度障害認定の事例紹介

妻(60)は50歳のとき、アルツハイマー型認知症と診断された。
男性は会社を 経営していたが、妻を在宅でみるようになって働ける時間が減り、仕事も減少。事務 所を閉め、収入はなくなった。妻は料理ができず、道に迷う状態だった。
そこで、妻が入っていた生命共済の「高度障害保 険金」を請求すると認められ、800万円が支給された。

 

このケースは奥さんが認知症ですが、一家の家計を担う旦那さんが認知症になって働けなくなり、住宅ローンの返済や生活に困るという場合だってありますよね。
そんな場合にはぜひとも申請したい制度。
知っておくのと知らないとでは結果が全然違いますので、ぜひ覚えておいていただきたいと思います(#^.^#)

 

 

 

以上、認知症に備える保険についてご紹介してきましたが、これを機会にご自身が加入されている生命保険を見直してみることも一つの方法です。

 

 

意外と適当に加入してしまい、家計を圧迫する保険料がかかっているものの、実はあまり生活スタイルに合っていない保険内容になっている方がかなりの数いらっしゃるのだとか。

 

無駄を省き、必要な保証内容にするためにも一度プロに診断してもらった方がいいかもしれません。
無料相談で確認することもできますので、ご家族のためにもぜひチェックなさってみて下さいね(#^.^#)

 

 

button

後悔しない保険選びは日本最大級の保険情報サイトがおすすめ!

 

生命保険ドットコム