認知症 予防 サプリ|認知症の予防と軽度認知障害の改善に果たすサプリの役割とは?

日本人は認知症になりやすい!?

超高齢社会に突入している現在の日本では、認知症患者は約500万人、そして認知症と診断されていないまでも軽度の認知障害が認められている、いわゆる予備軍を含めると、その数はさらに倍になるといわれています。

 

docter

 

そして、ショッキングなことに、最近発表されたデータによると、OECD(経済協力開発機構)に加盟している35か国の中で、日本が認知症有病率で1位なのだそうです。

 

 

そこには、日本が急速に高齢化が進んでいるという社会現象も関係していますが、それ以上に日本人の体質が関わっていることが否定できません。

 

それは糖尿病とも関係していることです。

 

どういうことかというと、日本人は体質的に欧米人に比べてインスリンの分泌量が少なく、糖尿病になりやすいといわれています。
この糖尿病と同じ仕組みで発症するのが認知症なんですね。

 

認知症は、脳細胞が損傷を受けたり死滅したりすることによって発症するのですが、そこにはインスリンが関係しています。
脳の神経細胞の活動を促すエネルギーは糖であり、血液中の糖を脳細胞に取り込むには、インスリンの働きが欠かせないのです。

 

ということは、糖尿病と同様、インスリンが不足すると、脳の神経細胞の機能が悪くなり、やがては死滅し認知症になってしまう・・・

 

つまり、糖尿病になりやすい日本人は、同じ理由で認知症にもなりやすいということなのです!

 

ならば、日本人は特に認知症にならないよう真剣に予防対策をとらなければなりません。
そして、それは、40代を過ぎれば早ければ早いほど高い効果が期待できるのです。

 

認知症予防にはサプリの活用が最も効率的

認知症の原因は、脳梗塞や脳出血といった脳血管の疾患をはじめ、暴飲暴食やアルコールの過剰摂取などの食生活、ストレス・・・と様々なものがあります。

 

これらに対し、私たちが日々の生活でできることは、食生活の改善や運動習慣、ストレスの解消などが挙げられますね。

 

女性

 

しかし、体質的な問題は、なかなか生活習慣の改善だけではカバーしきれない部分があるから厄介です。

 

なぜならば、欧米人では問題ないレベルの生活習慣であっても、日本人だと疾患が発症してしまう・・・
それが体質というものの問題だからです。

 

ならば、私たち日本人は、生活習慣に気をつけつつ同時に、血糖値を抑えたり、インスリンの機能性を高めるなど体に対し積極的な働きかけをすることが望まれます。

 

そして、それには副作用が心配される薬剤ではなく、緩やかに身体に作用してくれるサプリメントが最適なのです。

 

認知症の予防に効果的な成分とは?またおすすめのサプリとは?

では、認知症を発症しないように予防したり、軽度の認知障害程度なら改善したりする成分には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

医師

 

それには次の成分が挙げられます。

 

◎認知症の予防に効果的とされる成分
プラズマローゲン、DHA、フェルラ酸、ジオスゲニン、イチョウ葉エキス

 

これらの成分を含むサプリメントは、それぞれに販売されています。

 

最も効果的と世界的に注目されているのは、プラズマローゲンサプリですが、その他の成分を主成分としているサプリも人気がありますので、プラス配合成分やコスパの良さといった観点から以下におすすめサプリをご紹介させて頂きます。

 

よろしければ、ご購入の際の参考になさってくださいね(#^.^#)

 

認知症 予防サプリ おすすめランキング