認知症 糖尿病|アルツハイマー型や血管性認知症と高血糖・低血糖の危険な関係について

発症者数約500万人、予備群を入れると約1000万人いるといわれる糖尿病。
今は日本人の国民病といえるほどの生活習慣病ですね(>_<)

 

そしてもう一つ、高齢化とともに日本で急増しているのが、認知症。
こちらも患者数は約500万人を数える多さです。

 

実はこの2つの病気にのあいだには、危険な関係があることが最近の研究で明らかになってきました。

 

つまり、糖尿病の人は認知症になりやすく、認知症になると糖尿病が悪化しやすくなるのです。

 

医師

 

これは、今後の健康的な老後を考える上ではとても重要な問題です。

 

故に、認知症と糖尿病にはどのような関係があるのか?
また、認知症を予防するためには何をしなければならないのか?といったことについてまとめてみたいと思います。

 

糖尿病の人が認知症になりやすい理由は?

この認知症と糖尿病の関係については、九州大学で行なわれている「久山町研究」で明らかにされているところですが、その研究のデータ結果によると、糖尿病のある人はない人に比べ、アルツハイマー病や血管性認知症の発症リスクが2〜4倍も高いのだそうです(゚д゚)!

 

女性

 

なぜ、糖尿病を患っていると倍以上も認知症の発症リスクが上昇するのか?・・・それは、認知症にもインスリンが関わっているからです。

 

 

そもそも認知症の中で最も患者数の多いアルツハイマー病は、脳の神経細胞が死んでいくことによって記憶力判断力、感情のコントロールなどが効かなくなる病です。
その原因は、「アミロイドβ」というたんぱく質がたまっており、その為に脳の神経細胞が障害を受け、最終的に死んでしまうからといわれています。

 

しかし、最近の研究で、脳の神経細胞の機能低下や死滅にはインスリンが関わっていることが明らかになりました。

 

脳の神経細胞は、血液中の糖を取り込むことによってそれをエネルギーに変換し機能を果たしていますが、この糖の取り込みを可能にしているのがインスリンなのです。
つまり、インスリンが不足すると、またインスリンの機能性が低下すると、脳の神経細胞は血液中の糖を取り込めなくなり、エネルギー不足が起こって機能が低下。
そしてやがては死滅してしまいます。

 

つまり、脳機能の正常な維持には、インスリンの働きがとても大切ということなのです。

医師

 

また、糖尿病の人がアルツハイマーを発症しやすい理由は他にもあります。

 

それは・・・

 

  • 糖尿病は脳の動脈硬化を促進するから
  • 食後高血糖は酸化ストレスや炎症を高めるから

 

動脈硬化が進めば脳梗塞の発症リスクが高くなり、血管性認知症にもなりやすくなってしまいます。

 

また、食後の血糖値が高くなる「食後高血糖」が続くと、酸化ストレスや炎症、糖を燃やした時にできる有害物である「終末糖化産物」などが、脳の神経細胞にダメージを与えてしまいます。

 

つまり、血糖値のコントロールが効かない糖尿病は、様々な側面から脳の神経細胞の死滅を促してしまう・・・それゆえに、認知症になりやすくなってしまうということなのです。

 

脳

 

そして、恐ろしいことに、糖尿病の前段階である「耐糖能異常」の場合も、認知症のリスクは高くなるといわれています。

 

認知症を予防したければ、糖尿病予備群になってもいけないということであり、早い段階から対策を講じ、血糖値のコントロールを徹底しなければならないということなのです。

 

血糖値のコントロールは出来るだけ薬剤でなくサプリメントで!

では、予備群を含め糖尿病にならないように血糖値のコントロールを徹底するために何をしたらいいかというと、まずはバランスの良い食生活と適度な運動習慣です。

 

暴飲暴食を繰り返して肥満になっているようではいけませんし、極端に激しいトレーニングやまったく体を動かさない生活習慣というのも論外です。

 

医師

しかし、本当に注意しなければならないのは、普通の生活をしているのに血糖値スパークを引き起こしてしまったり、高血糖になってしまったりする体質的原因の場合です。

 

具体的に言えば、インスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの抵抗性が高く、せっかく分泌されていてもインスリンが上手く機能しないといった場合ですね(>_<)

 

こういった人の場合は、血糖値を下げるサプリを活用し、体質的な不備を補ってあげなければなりません。

 

このとき、なぜ薬剤ではなくサプリメントなのかというと、薬剤では効き目が強すぎて、高血糖と低血糖を極端に繰り返してしまう危険性があるから。

 

このように高血糖と低血糖という落差のある状態を繰り返すと、活性酸素の酸化ストレスにさらされ、脳梗塞や脳出血を引き起こしてしまうかも知れないからです。

 

 

そこでおすすめなのが、アプラスの「糖ダウン」です。

 

糖ダウン

 

このアラプラスの「糖ダウン」は、血糖値が気になる方に向けて開発された機能性表示食品です。

 

 

従来の血糖値対策サプリは、「難消化性デキストリン」という成分によって「小腸での糖分の吸収を抑える」ことで食後の血糖値の上昇を抑えていましたが、この「糖ダウン」は独自の成分「ALA」が細胞のレベルでの「糖代謝」の能力自体を向上させることで血糖値の上昇を抑制します。

 

いわば、「糖ダウン」は細胞内で糖を燃焼させる能力を高める新発想のサプリメントなのです。
その効果や安全性は、臨床試験でも確認済み。

 

どうせ飲むなら効果的なサプリがいいですし、安全性が高ければいうことないですもんね(#^.^#)

 

糖ダウン

 

 

日本人は欧米人に比べてインスリンの分泌量が少ないということもわかっています。

 

もともと体質的に糖尿病になりやすいということですので、そのことをきちんと理解しておき、甘いものや油もの、アルコールが好きな方は、予防のためにも早めにサプリメントの摂取を開始されることをおすすめしたいと思います(#^.^#)

 

 

button

臨床試験で血糖値の改善が確認されたサプリはコレ!

 

血糖値が気になる方へ【アラプラス 糖ダウン】