認知症 原因|認知症を引き起こすのは疾患だけではなく食べ物やストレスも関係していた!

超高齢社会の日本においては、もはや他人事ではない認知症。
いくら高齢者の多くがかかってしまうとはいえ、自分自身のためにも家族のためにも、防げるものならば防ぎたいですよね。

 

そのためにも、認知症になってしまう人とならない人の違いがどこにあるのかを理解しておく必要があります。

 

認知症を発症してしまう原因とは、一体何なのでしょうか?

 

女性

 

認知症の原因その1:認知症を引き起こす原因疾患

そもそも認知症とは、何らかの原因で脳細胞が死滅したり、機能が低下したりすることで、記憶力や理解力、判断力、感情のコンロトールに支障が出る状態をいいますが、脳がこのような状態に陥りやすい原因は、やはり何といっても脳やその他の疾患が一番多いのです。

 

 

そして、そんな原因疾患は、非常に種類が多く、ざっと数えても70種類以上もあるとか(゚д゚)!
代表的なものだけでも次のような疾患が挙げられます。

 

  • 神経変性疾患・・・アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、パーキンソン病など
  • 脳血管障害・・・脳梗塞や脳出血など
  • 外傷性疾患・・・脳挫傷、慢性硬膜下血腫など
  • 脳腫瘍・・・脳腫瘍(原発性、転移性)、癌性髄膜症
  • 感染症・・・髄膜炎、脳炎、脳膿瘍、神経梅毒、クロイツフェルト・ヤコブ病など
  • 代謝・栄養障害・・・アルコール依存症、ビタミンB1欠乏症、ビタミンB12欠乏症、肝不全など
  • 内分泌疾患・・・甲状腺機能低下症、副腎皮質機能低下症、反復性低血糖など
  • 中毒性疾患・・・薬物中毒(向精神薬、抗癌剤など)、一酸化炭素中毒、金属中毒(水銀、鉛など)
  • 膠原病・・・ベーチェット病、シェーグレン症候群など
  • その他・・・特発性正常圧水頭症、慢性呼吸不全、その他

docter

 

こんなに多種多様な疾患が認知症の背景にはあるということ。
それも脳の疾患だけではないところが厄介ですね(>_<)

 

とはいえ、日々の生活で気をつけることによって予防できる疾患も少なくありません。
まずは、規則正しい生活を心がけるということが大切ですね。

 

認知症の原因その2:食べ物

認知症を防ぐためにも、まずは上記の原因疾患を防がなければなりませんが、そこに大きく関わってくるのが、毎日の食生活です。
私たちの体は、毎日体に入れる食べ物でできているということですね。

 

 

認知症の研究結果によれば、特にアルツハイマー型認知症は、「食生活の乱れが多いと認知症を引き起こしやすい」のだとか。

 

  1. 糖質の摂り過ぎが認知症を引き起こす
  2. 不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)の摂取が少ないと認知症になりやすい傾向にある

ということもわかっていますので、この点を踏まえて今一度ご自身の食生活を見直されてもいいかも知れません。

 

 

糖尿病や低血糖症で、血糖がうまくコントロールできない状態が続くと、記憶力の低下が始まりアルツハイマー病の特徴でもある脳の海馬の萎縮が始まるといわれています。

 

ケーキ

 

普段から白米やうどんなどの炭水化物、砂糖がたっぷり入ったケーキやジュースがお好きな方は、これらの摂取量を減らすことで糖尿病を回避し認知症のリスクが下げられますので、ちょっと頑張ってみて下さい(#^.^#)

 

>>>高めの糖が気になる方に【サラシアプラス】

 

 

 

逆に、認知症を予防する食べ物としては、次のものが挙げられますので、こちらは毎日の食生活に積極的に取り入れて下さいね。

 

  • 青魚・・・DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)
  • しいたけ・・・リラックス成分であるGABAを生成するグルタミン酸
  • ほうれんそう・・・葉酸
  • リンゴ・・・リンゴ酸(抗酸化成分)
  • くるみ・・・αリノレン酸(必須脂肪酸)

 

>>国産イワシの良質なDHA・EPAサプリ【AOZA】

 

認知症の原因その3:ストレス

ストレスといえば、ほとんどの人が日常生活の中で抱えてしまうもので、美容にも健康にも良くないことが知られていますが、認知症においてもリスクを高めるなど悪い影響を及ぼします。

 

ストレス

 

《ストレスが認知症に及ぼす作用》

  1. ストレスホルモン「コルチゾール」が副腎皮質から放出され、脳内で神経細胞にダメージを与える→記憶力が悪化
  2. ストレスホルモンがアルツハイマー病の原因であるアミロイドβの沈着を加速させる→認知機能が低下

 

こうした作用の影響で若年性アルツハイマーが発症するともいわれています。

 

また、ストレスは鬱(うつ)を引き起こすきっかけにもなり、今度は鬱が認知症のリスクを倍増させるという悪循環にもつながりますので、ストレスを感じないようにすることは難しいでしょうが、せめてため込まないように、自分なりの解消法を見つけましょう。

 

 

以上が、認知症の原因と考えられているものです。

 

残念ながら、認知症は、進行してしまうと元の状態には戻せないもの。

 

だからこそ、普段からのケアが大事になってきますので、こちらをご参考の上、サプリメントを上手に活用するなどして認知症予防に努めて頂けたらと思います(#^.^#)

 

 

【当サイトおすすめの認知症サプリ】

 

プラズマローゲンEX

プラズマローゲンEXの特徴

世界初の特許原料を使用した高齢者専用サプリメント

特許を6件取得・3件特願は業界随一
・安全性の高い国産鶏由来のプラズマローゲンを使用
・認知症を抱える家族の負担にならないよう高品質かつ低価格を実現
・耐酸性カプセルの使用で吸収力がアップ

価格 特別モニターコース(定期) 700円
評価 評価5
備考 特別モニターコースは4回継続が条件。2回目以降10%OFF 4,482円
プラズマローゲンEXの総評

他のプラズマローゲンサプリが1カ月当たり1万円以上なのに対し、かなりリーズナブル(最安値)なので継続しやすいメリットがあります!

早い段階からじっくり飲み始めるなら1日1粒、高い効果を狙うなら1日2粒の服用がおすすめ♪

プラズマローゲン&レッドDHA

プラズマローゲン&レッドDHAの特徴

プラスマローゲンの配合量業界トップクラスのサプリメント

・1日の摂取量中のプラズマローゲン配合量1,200μgは業界トップ
医学団体日本成人病予防協会推奨品
・認知症予防に有効な他の成分(DHA、フェルラ酸)も配合
・その他、ビタミンEやアスタキサンチンなどのサポート成分も充実

価格 毎月1袋の定期購入 11,730円円
評価 評価4.5
備考 3カ月毎に3袋の定期購入が18,980円で一番お得!
プラズマローゲン&レッドDHAの総評

旧「アルツナイン」がパワーアップしてリニューアルしたサプリで、高い実績があります!
 
一度にプラズマローゲン、DHA、フェルラ酸が取れるメリットがありますので、継続されるなら3カ月に3袋ごとの定期購入がお得(1カ月当たり6,327円)でおすすめ♪

高純度プラズマローゲン

高純度プラスマローゲンの特徴

医師との共同開発で生まれたプラスマローゲンサプリ

国産ホタテ由来のプラスマローゲンを使用
・1日の摂取量(2粒)中のプラスマローゲン配合量1,000μg
自主的に厳しい品質管理を設け製造
・TV放送後人気急上昇中

価格 10日分のお試しパック(20粒) 1,980円
評価 評価4
備考 1カ月分(60粒)13,500円
高純度プラスマローゲンの総評

貝毒の心配のない国産ホタテから採取したプラズマローゲンが使用されています。

いきなり本製品の購入は高額なので、まずはお試しパックとして約10日分(20粒)が1,980円で購入できます♪