認知症 運動|認知症の予防に運動が効果的な理由は?また特にどのような運動がおすすめ?

認知症と運動の関係・・・運動がもたらす効果とは?

適度な運動は健康的な生活には欠かせないものですが、認知症においても運動は予防効果があるため生活に取り入れるべきといわれています。

 

なぜ運動することが認知症予防になるのでしょうか?

 

運動

 

認知症と運動の関係性については、多くの研究結果によって明らかにされているところですが、調べてみると、実は運動によって次のような効果がもたらされるからなのです。

 

◎運動によってもたらされる認知症予防効果

  1. 運動する=筋肉を動かすと筋肉から神経細胞を育てるホルモンが分泌され、海馬の神経細胞が増える→記憶力がアップ
  2. 運動は肥満や生活習慣病の予防につながる→認知症を引き起こす原因疾患のリスクを減らすことができる
  3. 運動はストレス解消に効果的→認知症に悪影響を及ぼすストレスが軽減される

 

 

なるほど・・・
直接的な効果としては、運動することによって脳内の神経細胞を増やすホルモンが分泌されるというもの。
記憶力を司る海馬の神経細胞が増えれば、当然、記憶力もアップするわけですから、認知症予防に効果的ですね(*^^)v

 

逆に、体を使わない状態(たとえば寝たきり)では、脳が萎縮していくのだとか(゚д゚)!
筋肉や骨と一緒で、脳もは体を動かすことで維持されるわけですね。

 

医師

 

そして、間接的な効果としては、運動は肥満や糖尿病を予防することになるため、その結果として、認知症の原因疾患である脳梗塞や脳出血の発症リスクを下げることになります。

 

また、身体を動かすことでストレス解消になるという点も大きいようです。
ストレスは認知症を悪化させる原因にもなるもの。
そのストレスを運動で解消することができれば、それは認知症の予防にもなるということですね(#^.^#)

 

認知症予防に有効な運動療法「コグニサイズ」をご紹介!

以上のような理由から、認知症予防にとって運動はかなり有効。
しかも、簡単に始められ、薬物療法のような副作用の心配もないので、最もおすすめな方法といえます。

 

 

但し、やり過ぎの激しい運動でなければ、です。
激しい運動は体の負担となるだけではなく、体内で活性酸素を大量に発生させてしまうため、認知症にとってはマイナスとなります。

 

 

というのも、認知症の代表であるアルツハイマー型などは、活性酸素によって脳細胞がダメージを受け、機能が低下することで引き起こされるからです。

 

なので、運動をする場合は、激しく行なってやり過ぎないよう気をつけましょう( `ー´)ノ

 

女性

 

では、具体的にはどのような運動を行なうようにすればよいのでしょうか?

 

結論から言えば、まずは筋肉を増やすことが目的なので、基本的にはどんな運動でもOK。
しかし、特に効果型愛といわれているのは、デュアルタスク・トレーニングといわれる方法です。

 

◎デュアルタスク・トレーニングとは?
デュアルタスクとは、文字通り2つの異なる作業を同時に行なうという運動。
つまり、脳を使いながら運動を行なうという方法です。

 

例えば、ウォーキングやステップ運動と同時にしりとりや計算をして頭を使うなど。
要は運動しながら頭を使って、脳を活性化する方法なのです。

 

 

特に、ここ近年は「コグニサイズ」という運動療法が盛んにおこなわれています。

 

コグニサイズ

 

◎コグニサイズとは?
コグニサイズとは国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語です。
英語のcognition (コグニション=認知) とexercise (エクササイズ=運動) を組み合わせてcognicise(コグニサイズ)と呼んでいるわけですね。

 

例)

  • 声に出して数字を数えながら右横、左横にステップを踏み、3の倍数は数えずに拍手する。
  •  

  • 3人1組で踏み台昇降をしながら、順番に好きな食べ物や動物などのしりとりを行なう。ただし、前の2人が言った単語も記憶し、繰り返してから自分の単語を言う。
  •  

  • 床にテープなどでますを描き、規則に従って足踏みする。
  •  

  • しりとりや計算をしながらウオーキングする。

 

上記はほんの一例にすぎず、コグニサイズには実に様々なやり方が存在します。

 

単純ではありますが、これがやってみると結構難しいもの。
こうした頭と体の使い方が認知症予防には効果的ですので、ぜひトライしてみて下さいね(#^.^#)

 

医師

 

 

しかし、認知症はやはり発症する前や軽度の記憶障害の段階で対策するのがベストです。

 

それには認知症 サプリが効果的ですので、上手に活用なさってみて下さいね(#^.^#)

 

 

 

【当サイトおすすめ 認知症対策サプリ】

 

プラズマローゲンEX

プラズマローゲンEXの特徴

世界初の特許原料を使用した高齢者専用サプリメント

特許を6件取得・3件特願は業界随一
・安全性の高い国産鶏由来のプラズマローゲンを使用
・認知症を抱える家族の負担にならないよう高品質かつ低価格を実現
・耐酸性カプセルの使用で吸収力がアップ

価格 特別モニターコース(定期)初回700円
評価 評価5
備考 特別モニターコースは4回の継続が条件。2回目以降は10%OFFの4,482円
プラズマローゲンEXの総評

他のプラズマローゲンサプリが1カ月当たり1万円以上なのに対し、かなりリーズナブル(最安値)なので継続しやすいメリットがあります!

早い段階からじっくり飲み始めるなら1日1粒、高い効果を狙うなら1日2粒の服用がおすすめ♪

おめがさん

おめがさんの特徴

楽天ランキングジャンル別1位獲得のうっかり対策サプリ

記憶力や集中力アップ効果の高いイチョウ葉エキスが120r(1日2粒)も配合
・DHA・EPA、エゴマ油、クリルオイルといった良質なオメガ3脂肪酸も同時に摂取可能
・定期購入は回数を重ねるごとに割引が大きくなります♪

価格 定期購入 初回20%OFF 2,400円
評価 評価4.5
備考 定期は3回以上の継続が条件。単品購入の場合は3,000円
おめがさんの総評

記憶力(脳)の改善と血流(血管)の改善がこれ一つで可能というメリットが大きいサプリです!

1カ月当たり3,000円以下とコスパも非常に良いので、継続しやすいですよ♪

フェルラブレイン

フェルラブレインPLUSの特徴

フェルラ酸配合のひらめきサポート成分配合サプリメント

・年齢に伴う認知予防に効果的な「フェルラ酸」理想摂取量150mg配合
・脳の栄養素ブレインフーズとして「世界一受けたい授業」で紹介された「ホスファチジルセリン」、「ビンカマイナー」、「DHA」も配合
・30日間の返金保証付きで安心

価格 定期購入5,980円→3,980円
評価 評価4
備考 定期購入価格と同じ3,980円で1回だけお試し購入が可能。
フェルラブレインPLUSの総評

世界一受けたい授業で「脳の栄養素ブレインフード」として紹介された「ホスファチジルセリン」ほか、脳の血流を促し脳血管性とアルツハイマー型のいずれの痴呆症に対して大きな成果をあげている「ビンマカイナー」、受験生などにも大変人気の「DHA」を推奨量の限界まで濃縮配合した、認知予防サプリメントです♪